「中華そば」 

 ついに出ました!H.21年6月5日オープン! その名も【中華そば『きくま』】さん!! 【中華そば『きくま』】さんは、伝統の広島ラーメン【陽気 横川店】の社長様のご長男様が満を持して独立、出店されたお店です。伝統を引き継ぐ若き店長の渾身の中華そばをご賞味あれ!







【きくま】
住所 広島市佐伯区海老園3−1−1
連絡先 TEL 082−942−5922 FAX
営業時間 11:30〜14:30、17:00〜21:00
定休日 日曜
メニュー
中華そば :600円
おにぎり :100円
お店のコメント とにかくお客様に「おいしい!」と言って、喜んで頂くこと。その1点のみをめざしています。【陽気 横川店】の伝統の味を引き継いで継承していきます。

はーい、【きくま】さんのお店の玄関です。
オープンしたばかりで、お花がいっぱい!
広島のベッドタウン五日市の閑静な住宅街の一角にあります。
控えめに佇んでいます。まるで、実直で真面目一徹控えめな店主さまのひととなりのように・・・
ほらー、きれいでしょ、記念の生花
玄関入り口の横壁に掛けられた一枚板の看板です。
重厚な趣です。“和風”の趣が感じられます。
そう、あくまで“中華そば”の趣意が込められているような。
駐車場側の看板も“民芸調”。

    駐車場側の看板です。
玄関入り口に掛けられたのれんです。
真っ白なのれんの右端に【きくま】のパッチワーク。ここでも“民芸調”。
ワクワク、お店の中はどんなんだろう・・・期待がふくらんじゃうぅ〜
ナント!このパッチワーク、店主さまの奥様がされたんだって!!

     ←可愛い布のパッチワークです。
じゃぁ〜ん! 【陽気】伝統の “中華そば” 
木製角盆に載ってかわいらしい“和”のドンブリに “中華そば” 登場! 伝統の味が、なんともかわいく衣替えして出てきましたよ。
可愛さに心和んで、いただきまーす! あ、いつもの【陽気】の味だ!なんだかホッとする。コシのある細麺がツルツルッと喉越しよく、厚めのチャーシューがボリュームを沿え、薄く味付けされたメンマとみずみずしくシャキッとした細もやしが舌安めにと絶妙のバランス。深いコクと旨みのスープは後を引くおいしさ!! 
あー、おいしかった! ごちそうさまっ
はい、おにぎりです。メニューは “中華そば” と、この “おにぎり” の2品のみ。
この “おにぎり” 塩味がとっても薄味で、お米のおいしさがしっかり味わえます。お米の甘みが、コクのある “中華そば” のスープの舌安めにピッタリ! ていうか、おにぎりがスープを引き立て、又スープもおにぎりのおいしさを引き立てて、ベストマッチの組み合わせになってまーす!
店主さま(左)と奥様(右手前)、息もピッタリ、どんどん “中華そば” ができあがっていきます。
店主さまのお母様(【陽気】横川店社長婦人:右手奥)もお手伝いに来ていらっしゃいます。
明るい店内はカウンター席とテーブル席。
テーブルと椅子は竹の寄木作り。インテリアもちゃ〜んと民芸調。心憎いわねぇ! みんな、【きくま】に来たら、椅子にも注目してねー!
あ、ここにも! コショウやレンゲ・楊枝などの下に敷かれたマットも奥様手作りのパッチワークが! ティッシュボックスケースもよ。
お店全体に店主様ご夫婦の愛情があふれています!

竹の寄木でできた椅子 パッチワークが施されたマット
オーナー一家集合!
左から【陽気 横川店】社長様(【きくま】店主さまのお父様)、
【陽気 横川店】社長の奥様(【きくま】店主さまのお母様)、
【きくま】店主様(【陽気 横川店】社長のご長男)、
【きくま】店主様の奥様。

みなさま、にこやかに勢揃い。
こうして一家揃われてるのをみると、実感! 
【陽気】の伝統続いたり!!

スタッフ‘ティッピー’のインタビュー雑感
 広島市に集中していた【陽気】の各店。いよいよ広島市のベッドタウン五日市に進出。この目で確かめてきましたよ。五日市の昔からの高級住宅街の一角に、オープン記念の花々がなければ民家と見まごうような控えめな店構え。でも、よくみると看板、のれんと、しっかりと【きくま】を主張しています。入り口に近づくと生姜の爽やかな香りがふわぁ〜っとしてきました。おっ、なんか期待できそう。 店内に入ると明るい店内にテーブルも椅子もみぃ〜んな民芸調でとってもおしゃれ。 中華そばも可愛いどんぶりに入ってお盆に載せられてやってくるし、れんげも木製のくりぬきよ。 なんだか、中華そば屋さんとかラーメン屋さんっておじさんの行く店って感じのところが多いけれど、【きくま】なら若い女性一人でも女性グループでも平気って感じ。 ティッピーもさっそく五日市に住んでるお友達に紹介しちゃったわよ! (´▽`)
すごく生姜の香りがしてたとおり、しっかりとんこつのダシが出てるのに全くとんこつの臭いも無くすっきりとしたスープは最後まで飲み干さずにはいられない! 全部飲んじゃったよ! あー、おいしかった!!
こりゃ、近くの高校生がほっときませんぞ、フフ (^^♪
                
【きくま】ってどうして【きくま】なの? 【陽気 五日市店】じゃないの? って思ったのはティッピーだけ? だぁーって、いままでの【陽気】は全部【陽気 ○○店】だったんだもん。 順当に考えたらそうじゃない?えー、なぜなぜ? ティッピーはきいてみましたよ。
 なんと【きくま】というのは【陽気 横川店】の社長様のお名前なんだそうよ!! 長男である店主さまはお父様の【陽気 横川店】の社長様を深ーく尊敬しているのだそうです。お父様のように、おいしい中華そばを作って、みんなに喜ばれ愛されるように、そしてお店を盛り立てていけるようにとの願いを込めて、尊敬するお父様のお名前を店名にされたのだそうです。 なんと・・・知名度の高い【陽気】を冠することよりも尊敬する師であるお父様のお名前を頂くとは・・・ 店主様の人となりが察せられる話ではありませんか! ティッピー、ほろり・・

お店全体に漂う民芸調の和の雰囲気。
お箸も木曽ヒノキのつや消し漆塗り。ただそれだけじゃありません。麺が滑りにくく工夫されているのです。こんなとこにまで神経が行き届いて、お客様がおいしいと言って喜んでいただきたいと言う店主さまの気持ちがうかがわれるというものですね!奥様いわく「本当に真面目な人ですから」という店主様の “中華そば” への愛情が伝わってきますね!





拡大地図



ページトップへ

名店紹介トップへ